博多出張行って来ました。


博多出張その1

2012年7月25日(水)

分厚い封筒に入った資料、密度の濃い講習会です。
分厚い封筒に入った資料、密度の濃い講習会です。

今回の出張は本業のコンサルタント業に関連するので、まずはPRさせて頂きます。
現在、中小企業支援ネットワーク事業のお手伝いで企業相手のコンサルティングをやっていますが、今回、その一環で中小企業に対する、事業継続計画(BCP=Business Continuity Plan)の講習会に、博多まで行って来ました。
昨年の3.11の東北大震災の激甚災害を受けた、中小企業が茫然自失の中、成すすべも無く、千数百社も廃業に追い込まれたり、復興の為の資金調達が出来ず倒産したり、再建資金の二重支払い負担、熟練従業員の転出や、仕入先・販売先との断絶等により、今でも再建への道は大きな困難が伴っております。
又、地震の影響で日本各地の地盤に歪みが生じたのか、日本全国、何処でも何時大地震が起きても、おかしくない状態になっております。 同じ過ちを犯さぬ様、東日本大震災の実例や教訓を生かす為、事前に激甚災害時の企業の行動指針を定めておき、いち早く事業再開を実現する様、備えておく為のBCP策定が、今回の講習会の大きなテーマです。 今回、集まった関係者全員が講習を受けた内容をもとに、各地の中小企業に対し、今後、BCP普及活動に携わる事になります。
又、この事は、実は会社経営方針の根幹に繋がるものであり、災害時に全社員の共通の行動指針ともなり得る、経営上の最重要事項でもあります。 会社経営に携わる方は、是非、BCP対策をされておく事をお勧めします。 (中小企業庁のBCP策定⇒ http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_a/bcpgl_01_1.html
細かくなりますので、説明はこれ位にさせて頂きますが、BCP関連のお問合せは、ken03@nanshot.net  迄。

さて、これからは、久し振りの博多出張、写真を中心にお伝えします。

高速バス フェニックス号
高速バス フェニックス号

7月25日(水) 7:15宮崎駅発 高速バス フェニックス号 で出発です。
事前予約の「席割」で、博多まで2,500円の運賃です。

席割対象の4列シート
席割対象の4列シート

 

席割対象の4列シート  飛行機のエコノミークラス同等です。
博多駅までの所要時間は、約3時間45分です。

右手前は下層にある化粧室への通路
右手前は下層にある化粧室への通路

 

前方の普通席と、右手前は高速バスには必須の、下層にある化粧室への入口です。

トイレは狭いけど、機能的です。
トイレは狭いけど、機能的です。

 

トイレは狭いけど、機能的。 ちっちゃな手洗いには消毒液ポンプも付いてます。

大淀川を渡ります
大淀川を渡ります

 

いよいよ出発、宮崎市の中央を流れる、大淀川を渡り、一路、九州自動車道をひた走り、途中休憩10分で博多へ向かいます。

JR博多駅ターミナル到着
JR博多駅ターミナル到着

 

11時過ぎに博多駅バスターミナル到着です。 博多駅が新しくなっています。

駅ビル筑紫口方面の2Fの麺ロードにある、博多ラーメン屋さんで昼食、こちらは余り雰囲気は変っていません。
ゆっくり休んで、駅ビル内を散策、以前あった井筒屋さんの代わりに、阪急百貨店が入り、ハイセンスな雰囲気になっています。 マクドナルドを探して珈琲タイム、PCの電源を入れますが、無線LANが繋がりません。 店員にネットワーク名と、接続キーを聞きますが、誰に聞いても要領を得ません。 これでは、無線LAN完備で、PC用コンセントが各テーブルに付いていても、役に立ちません。 おまけに、出掛けに充電中だった携帯電話を忘れて来てしまいました。 今や、博多駅でも公衆電話を探すのは至難の業です。 ようやく公衆電話を探し当て、知人に電話を掛けようとしたら。携帯電話番号が分かりません。 自宅に連絡を取り、ようやく携帯に電話すると、番号通知が非通知になっているので、通じません、とのアナウンス。 ついに電話を掛けるのを諦め、地下鉄で隣の駅、祇園にある講習会場に向かいました。 現代社会では、情報通信のインフラが無かったら、何の通信手段も無くなる事を、身に沁みて実感。

夕方一杯まで、密度の濃い講習会が終わり、みんなでテーブルを動かして会場を設営、交流会に参加しました。 まずは名刺交換に加え、主催者のご担当者、講師の先生方と、今後の情報交換をお願いし、同じテーブルの参加の皆様とご挨拶、簡単なおつまみで、ビールの乾杯で歓談開始です。 持ってきた名刺、数十枚もすぐに無くなってしまい、頃合を見て失礼させて頂きました。

街角の自転車
街角の自転車

地下鉄空港線で2駅隣の天神駅へ行きます。 ここから徒歩で、大名にある今日宿泊するホテルに向かいます。 気温はまだ34℃はあり、蒸し暑く、歩いていると汗びっしょりになります。 大名の小路を探しながらホテルに向かいますが、一本道を間違え、20分ほどかかって、ようやくホテルに到着、繁華街のど真ん中で、若者の多い場所です。 地元の若者の交通手段は、自分の好みに合った、おしゃれな自転車が中心の様です。 若い女性がハイヒールにスカートで、ロード用の自転車で颯爽と走り去るのが、別に不思議に感じないのは、街の雰囲気のせいなのでしょう。 今日泊まるところは、プラザホテルプルミエというこじんまりした英国風のホテルで、シングルを予約したたのですが、空いていた最上階の9Fのツインに替えてくれました。 おかげで滞在中は快適に過ごす事が出来ました。 ホテルは写真の様に落ち着いた雰囲気で、何より朝食が美味しそうで、サマータイムの特別価格、でビジネスホテル並みの料金なので、ネットで予約しましたが、当たりだったようです。

PlazaHpremier
PlazaHpremier

 ホテルの案内より

シャワーを浴びて一休み、夜になり税理士のO先生(中学の同級生)と待ち合わせ、仕事の話を少しした後は、夜の街に出掛けます。 天神の南にある、アップルストアの近くにある、博多廊という和食のお店に連れてって貰いました。 ビルの5Fにある、結構広いお店で雰囲気も良く、地場の美味しい魚や、郷土の料理と美味しい九州の酒を、楽しめます。 それに接客が良く、ゆっくりと会話を楽しむ事ができる、良いお店です。 この歳になると、色んな美味しい料理を、少しずつ食べられ、お酒もちびちび楽しめる、こんなお店が良くなって来ました。  すっかり堪能して、お茶でも飲もうと言う事で探しましたが、既に深夜になっており喫茶店も仕舞っており、ちょっと歩いて、西鉄グランドホテルのバーに行き、ワンショット引っ掛けてから、アイスコーヒーで喉を潤し、懐かしい昔話で盛り上がり、閉店まで楽しい博多の夜を過ごしました。

出張その1終わり。

————————————————————————————–

博多出張その2

2012年7月26日(木)  博多出張つづき

美味しい朝食
美味しい朝食

軽い酩酊の中ホテルで熟睡し、翌朝は7時過ぎにゆっくり起床。 窓から眺める博多の街は、さすがに九州一の大都会です。
やはり、企業相手の仕事は、この位の規模の都会がベースだと良いですね。 朝食は美味しいと評判の、1FのAWキッチンです。
朝食はバイキング形式で、野菜を中心としたお料理に、出来立てのフレンチトースト、メインはスクランブル、ソーセージ・ベーコンを少々、トマトジュースに珈琲にしました。

お客さんは女性の一人旅、二人旅の方が多く、キャリアウーマン風、観光に来たおしゃれな女性、ファミリーなどが中心で、小生の様な男性独り旅は少ないので、料理もおしゃれな感じです。
昼と夜は外から来る、一般のお客さん相手のレストランとしても繁盛している様子です。
食事を美味しく頂き、食後の珈琲の味も満足して部屋に戻り、チェックアウト迄、シャワーを浴びてユックリ休みます。

今日は仕事はフリーなので、オーディオメーカー勤務時代に一緒に仕事をした、K君と会って、旧交を温め昼食を食べる予定、その後は、天神の街で宮崎には無いモノを見て歩こうと思ってます。
11時になるのでチェックアウトし、同じ大名にある待ち合わせ場所の、料亭 稚加榮(ちかえ)まで、歩いて行く事にします。 途中の洒落たお店の前には、素敵な自転車が並んでいます。 宮崎などでは、自転車のメインは圧倒的にママチャリですが、この大名では籠の付いた自転車は余り見かけず、素敵な自転車だらけです。

博多の大名は自転車の街
博多の大名は自転車の街

 

大名の街、お洒落な店舗前には、こんなサイクル駐輪設備が!

稚加榮前に、K君あらわる。
稚加榮前に、K君あらわる。

 

料亭 稚加榮 前に、K君が待ってました。

稚加榮の大きな生簀は豪快です。
稚加榮の大きな生簀は豪快です。

 

稚加榮では、目の前の大生簀から、豪快に鯛やヒラメを網ですくって、活き造りしてくれます。

お昼のランチ、刺身天ぷら定食
お昼のランチ、刺身天ぷら定食

 

お昼のランチ刺身・天ぷら定食 こんなにボリューム満点で、1,300円也

小生は蕎麦定食です。
小生は蕎麦定食です。

 

小生は朝食が遅かったので、蕎麦定食にしましたが、それでもこんな量で、鶏飯に茶碗蒸し、冷奴まで付いてます。
蕎麦は冷たいおつゆと、温かい御汁の両方で美味しくいただけます。 同じく1,300円!です。
流石にお腹一杯になり、K君も時間が有るので、海の方までドライブに行く事にしました。

K君の愛車M3
K君の愛車M3

K君の愛車M3!獰猛な豚鼻の鼻息が凄い! 正に豚に・・・失礼!

マリノアシティ福岡
マリノアシティ福岡

 

姪浜近くにある、九州最大級のアウトレットモール、マリノアシティ福岡に行って来ました。
時間が有れば、近くにある能古島へ渡船に乗って行ってみたかった。 次回かな?

福岡は、生まれて直ぐに住んだ街で幼い時を過ごし、引っ越した後でも、兄貴が大濠公園のマンションに住んでいたので、若い頃は良く行ってました。 今でも、大体の土地勘と、なんちゃって博多弁は喋れるので、なんとなく親しみのある土地です。 この後は、M3で懐かしい市内を観光ドライブ、新旧比較のガイド兼運転手付きで福岡の旅を満喫しました。
K君、あちこち連れてって頂き、ありがとう!又会いましょう。

天神バスターミナル
天神バスターミナル

天神でK君と別れ、西鉄ターミナルビル内や、ロフトでウインドウショッピング。 西鉄ターミナルビル3Fのバス乗り場から、宮崎に帰ります! それでは、2回に渡りお付き合い、ありがとうございました。
ゴリケン


同窓会会報、作成中


2012年7月22日(日)

大量印刷終了、同窓会報を製本
大量印刷終了、同窓会報を製本します。

中学校の同窓会を終えて、会報を作成しています。  小生の担当は印刷作業です。
先週から、豪雨で湿気の多い、印刷には最悪のコンディションの中で、エアコンで除湿しながら印刷を続けましたが、今朝、最後の5本目のトナーが切れ、取り敢えずは、一旦印刷終了です。
今回、173名の同窓生宛に、全28ページの同窓会会報と集合写真、それに宛名ラベルを印刷しました。 送料節約の為、レーザープリンターで両面印刷したのですが、スピードが、ガクッと低下するのと、大量の連続印刷で、プリンターがオーバーヒートすると保護回路で低速モードになり、予想以上に時間が掛かりました。
さらに、SOHO用の超小型レーザープリンターには、トナー残量の警告装置が付いていません。 おかげで、プリントの間、ずっとプリンター横で、印刷状態の監視が必要でした。
今回、約4000ページを印刷したので、来週にみんなに集まってもらい、製本と封入、発送作業を行う予定ですが、小生が急な出張で博多に行く予定になり、恐縮ながら皆さんに作業をお任せする事になりました。
第1次の発送は、来週半ば、第2次の発送は、注文中のトナーが到着してから印刷後、再来週になると思います。 同窓生の皆様、今しばらくお待ち下さい。
ゴリケン(郡)

——————————————————————————–

SOHO居間、戦いのあとの散乱状況
SOHO居間、戦いのあとの散乱状況

SOHO居間、戦い済んで、つわものどもの・・・


トッピングです。

ピザ釜パーティー


2012年6月30日(土)

手造りのピザ釜
手造りのピザ釜

中学の同窓生のM夫妻の家に、ご主人がピザ釜を造って、アウトドアライフを満喫しているとの事を聞き、仲間数人を誘って、都城市の高崎町に行って来ました。
宮崎から約1時間、ワイワイ騒ぎながら、高崎町のMさん宅に到着、ここは裏手に里山を控えた、広大な土地に、居住用の母屋と、広い倉庫を改造したアウトドア棟と、その前には、手造りの煉瓦を積み重ねて造った、ピザ釜がで~んと据えられています。
まずは皆の自己紹介が終わると、ピザ釜の見学、ご主人が既に2時間前から、火を入れて暖めてあり、釜の下は薪がチョロチョロ燃えて、煙が出ています。
この際だからと、ご主人にピザ造りの講習をお願いし、皆でピザの生地造りから、トッピング作りの準備作業と、ご主人の指導の下、ピザ職人の見習いとなり、下拵えの開始です。
いつもは何も家事をしていない男性陣も、若い時のキャンプの食事作りを思い出して、張り切って小麦粉をふるいにかけたり、イースト菌の調合で準備開始。
粉のふるいが終わったら、イースト菌を混ぜて、ひたすら粉を混ぜ合わせ開始です。 途中、粉に水を加え固まり始めたら、塩を少し加え、ミルクやオリーブオイルを加えながら、捏ね上げます。
30分ほど捏ねると、ようやく丸く弾力性が出て来ましたが、ここで一人目が脱落。 二人目が続けて捏ね上げたら、しばらく寝かせ、発酵を待ちます。
この間に、女性群はトッピング用の野菜のカットを開始、ピザの後のBBQ用の野菜も、大量に準備します。 もちろん野菜は、自家菜園の無農薬で安全なこだわり品です。
以下、下拵えの状況から、一連の製造状況は結構な大仕事。 みんなの奮闘振りは写真でご覧下さい。
ゴリケン

粉ふるいの指導
粉ふるいの指導

粉の重さを量り、次はふるいにかけて

ひたすら混ぜ続けます。
ひたすら混ぜ続けます。

ひたすら混ぜ続けます。

捏ねあがって来ました。
30分経過、捏ねあがって来ました。

30分経過、捏ねあがって来ました。 一人目はここでダウン、交代して捏ね続けます。

トッピング野菜をカット
トッピング野菜をカット

女性陣はトッピングの野菜を大量にカットしてます。

皮を丸く伸ばします。
皮を丸く伸ばします。

皮を丸く延ばす、お手本の講習です。  自分でやるとなかなか丸く延びません。

焼き更に乗せて、ピザソースを塗ります。
焼き更に乗せて、ピザソースを塗ります。

焼き皿に丸く延ばして、ピザソースを塗ります。

トッピング
トッピング

トッピング開始、種類は1枚に数種類だけにします。 これでようやく1枚準備出来ました。

トッピングです。
交代して、ひたすら皮を伸ばし、トッピングです。

交代して、ひたすら皮を伸ばし、ソースを塗り、トッピングです。

3個目はモッツアレラチーズ
3個目はモッツアレラチーズ

3個目はモッツアレラチーズにしましょう。

4個目トッピング
4個目トッピング

4個目トッピング

ようやく準備完了
ようやく準備完了

ようやく準備完了、一度に4枚焼きます。

ようやくピザ釜へ投入
ようやくピザ釜へ投入

ようやくピザ釜へ投入。 ここまで約2時間!

5分後、様子を見ます。
5分後、様子を見ます。

5分後、様子を見ます。 良く焼けてきました!

いい感じで焼けてます。
いい感じで焼けてます。

最初にしては、いい感じで焼けてます。

切り分けて、食べましょう
早速、テーブルに置いて、食べましょう

早速、テーブルにセット、切り分けて食べましょう!

乾杯!
乾杯!

乾杯~ぃ! 労働した後は、ビールが美味い!

全種類食べます。
全種類食べます。

こちらに回して、全種類食べます。

今日はH君の誕生日
今日はH君の誕生日、ケーキを作って来てくれました。

今日はH君の誕生日、ケーキを作って来てくれました。

Happy Birthday!
右側がH君です。 Happy Birthday!

右側がH君です。 Happy Birthday!

H君。ピザ釜の前で、ご満悦!
H君。ピザ釜の前で、ご満悦!

H君、ピザ釜の前で、ご満悦!

この後、自分達でトッピングして、数枚ピザを食べたり、飲んだりが続きます。
結局、BBQは満腹で取り止め、ピザ生地も残っています。

お土産のピザ
お土産のピザ

残った生地で、お土産のピザを焼いて、テイクアウトです。

帰りの運転手は、今日の主役、誕生日だったH君、アルコールがダメな貴重なドライバーです。

これで、ピザ職人見習いはOK、自宅ではオーブンで焼こう!

でも、今迄、こんなに造るのが大変とは知りませんでした。
イタメシ屋では、感謝して食べる事にしましょう。

次も楽しい、イベント考えましょう!