今日のお昼、釜揚げうどん+白熊


今日は来客予定も無いので、青島の釜揚げうどん屋さん「岩見」に昼飯に出掛けました。 出発しようとしたら電話です。 誰かなと思いながら、受話器を取ると、古物業申請中の公安委員会から、本日、事務所を確認に行きたい、との事です。 一緒に行く人を誘っていたので、夕方16時以降に来て頂く事にして、出発です。
青島へは30分程で到着、既に3台の車が駐車中、中に入ると3テーブルが既に埋まっています。 早速、帰郷以来初の、釜揚げうどんと魚寿司、と注文。 実は4月に帰って来た時に、火曜日に来てみたら、何と定休日、兄弟店が佐土原にあるのを発見し、食べに行ったが何か味が違う、と言う事で、3度目の正直です。
ここの釜揚げうどんは、注文してから茹で上がるのに、20分~30分はかかります。 待つことしばし、ようやくまず魚寿司登場、以前はおばあちゃんが注文があってから造り始め、何故かご飯は水気が多く、ビシャビシャなのですが、鯖の絞まり具合と酢の具合と、ワサビと飯の味が絶妙な具合なのです。 果たして昔の味か?一口食べると、う~ん美味い!懐かしい昔の味だ。

P1020561
岩見の魚寿司 page2.php?post=9

おもむろに釜揚げうどんを一筋二筋取って、青ねぎと揚げ玉の入ったオツユにつけ、ツルツルとすすり込む。 うん!これも昔の味のままだ!実にうまい! 何故、うどんを茹でて、つけ汁に付けて食べるだけの、簡単な料理なのに、こんなに美味しいのか? 待ってる間の期待感も調味料のうちなのか? それに、店と作る人が違うと、味がこうも変わるものなのか、食い物とは、何とも不思議で、奥が深いものだ。

岩見さんの釜揚げうどん
岩見さんの釜揚げうどん

すっかり満足してお勘定、釜揚げうどんが450円、魚寿司が5個で450円。 う~ん更に満足、と店を出る。 この頃には、席は満席、外にも待ってる組が数組となっていた。

釜揚げうどん岩見
釜揚げうどん岩見

次は海を見ようと日南海岸の方に向かうが、黒い空に風が吹き始め、雲行きがおかしい。 海は諦め、この前購入して美味しかった、鹿児島天文館にある、元祖むじゃきの「白熊」をスーパーで購入し、なんしょっと倶楽部に戻る。 車に乗込もうとすると、大粒の滴が路面を叩き始めた。 たちまち豪雨でワイパーを高速にしても、前が見えずらく、徐行で家に到着。 どうも、小生が洗車をすると途端に、雨が降るのがジンクスになったようだ。 柄にも無い事は、しない方が良いみたいだ。

むじゃきの「白熊」
むじゃきの「白熊」

倶楽部での、白熊は前回どおり、美味かったが、値段が500円超えではね・・・、但し、何時食べても味をキープ出来るというのも、凄いコトかもしれませんね。
というコトで、今日はグルメの旅になりました。 もう少しすると、審査官の来訪、事務所検査だ、うまく審査OKなら良いのだが。 結果は7月半ば頃かな?


Facebook(SNS)急増の理由


今日は、真面目にネット社会の動向についてのBlogです。

SNS(Social Networking Service)が、新たな段階に突入した模様です。
MIXIやTwitter等のSNSが若い世代、特に携帯電話(今はスマートフォン)の利用者を中心に増加しています。
しかし、匿名が故の、無責任発言や、学級内のイジメの延長になったり、ネットオークション始め、ビジネス上のトラブルは数知れず、一般の真面目な個人(ゴリケンも含む)のネットビジネス起業の大障害になっていました。
そのタイミングで登場した、Facebook、これは実名を登録し、生年月日、趣味、出身地・経歴・学歴等、まるで履歴書の様なプロフィールに裏打ちされた、身元保証付きのSNSなのです。 この副産物としては、実名が故の友達探しは一瞬でOK、小生も使い初めて数日で、音信不通の親戚や甥っ子達、昔の同僚、友人知人10数名が、瞬く間に「友達」として登録、以後、親しく近況を報告しあっています。
このFacebook、英国では50歳以上の会員が大幅に増加、他の国でも熟年者の利用も増加の一途で、昨年、全世界で5億人だった会員は、非公式ながら現在、7億5千万人だとか・・・。 この勢いで行くと10億人突破も、まもなくでしょう。 正に我々、BabyBoomers向けのSNSではありませんか。
このFacebookに加えて、遠隔地との無料TV電話(コミュニケーションツール)のSkypeを加えると、これは鬼に金棒の威力で大人気、3人以上の通話はまるでTV会議です、(3人以上の画像を共有するには、その内の1人だけ月9百円位の料金が発生、2人なら無料)、今迄あった数百万した、高価なTV会議システムは、もう無価値になり、駆逐されそうです。
ちなみにMicrosoftはこれに目を付け、Skypeを買収後、Facebookを視野に入れている様で、将来、Windows11辺りで標準装備され、世界標準になるのでは、と小生さえも予感する程です。
今迄、オークション等で、どこの誰だか素性の分らない(フリーター?)から、(盗品・破損・偽物かもしれない)商品を、購入する不安、加えて、お金を振り込んで商品が届かなかったら、とか心配しながらの取引では、やはり、個人間のネット売買には限界がありましたよね。 ま、言うなれば、今回、農畜産物の「生産者表示」が、ようやくネット社会にも到来したと言う事で、地方からの情報発信の強力な助っ人(ツール)になりそうです。
尚、Facebook動向は、
→user7億5千万人 http://jp.techcrunch.com/archives/20110623facebook-750-million-users/
→50歳以上が増加 http://jp.ibtimes.com/articles/20053/20110627/1309105855.htm

今、なんしょっと倶楽部では、Windows7のPC2台を用意し、FacebookとSkypeの体験が出来ます。 お気軽に、お茶飲みに遊びに来て下さい。 ゴリケン


川南町の軽トラ市


昨日の朝、親戚の夫婦が「軽トラ市」に行こう!と誘いに来ました。  台風の余波で強風と時々豪雨に見舞われながら、一路海岸線を北上します。 シーガイヤの近くに来たら、左は暴風圏、右は雨もない曇り空、という不思議な空。

川南軽トラ市
川南軽トラ市

約40分ほどで、県央にある川南町、ここは漁業・農業の町ですが、若者の人口流出で商店街はさびれていましたが、毎月第4日曜日に「軽トラ市」を始め、出展者は軽トラ限定とし、地産物はじめ種々雑多なモノを販売する市場として大当たり、今では市場への参加軽トラは150台にもなる、大市場となり、県外からも見学者が相次いでいるそうです。
今日は、時折台風の余波の強風とスコールの中、福岡の筑紫野市からの観光バス始め、いつもの半分くらいのお客さんが買い物や見学に来ていました。

川南軽トラ市
川南軽トラ市

出品者は老夫婦あり、ちっちゃなセールスマンとお父さん、色んな人で、会話が楽しく見飽きません。

川南軽トラ市
川南軽トラ市

今回の掘り出しモノ、イチョウのまな板の店で、気に入ったヤツがありましたので、値切り交渉開始です、なんと2/3の価格にして貰い、テーブルまな板のおまけ付きです。 うちのカミさんの交渉術は小生を上回るかも・・・・。

川南軽トラ市
イチョウのまな板の店

 

川南軽トラ市
鮎の塩焼き

しばらく歩いて行くと、鮎の塩焼が300円で売っており、小バラがすいて来ました。 すると、真っ黒な大き目のヒヨコが売っています。 聞くと、地鶏のヒヨコで、オスとメスが混じっており、運よくメスに当たると、卵を産むおまけ付きだそうです。 店主の言うには、「年末まで飼うと、丁度正月には美味しく食べられるヨ」との事ですが、長く飼ったら、愛情が沸いて、とっても食べられないな。

川南軽トラ市 露店
地鶏のヒヨコ販売中

ちなみに、この「軽トラ市」は、日経ビジネスでも取り上げられており、町おこしの成功例として注目されているそうです。
皆さんも是非お出かけ下さい。 地元にもこんな楽しいイベントがありますよ!
日経ビジネスの見出しが凄い→ 「カネは世間に落ちている。拾い方を考えろ!」です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090610/197183/?rt=nocnt
小生のモットーも同じ発想なので、全く共感が持てます。
これから、宮崎や九州の各地に足を伸ばし、色んなモノやコトに触れ、それに携わるヒト達との交流を通じ、趣味と実益を兼ねた情報について、発信して参りますので、ご期待下さい。

この後は、日向市のドンキホーテも真っ青の、安いモノがゴチャゴチャのお店を回った後、美々津の鮎料理屋で今年初の鮎の背ごし(刺身)と塩焼をたっぷり賞味して、帰路に着きました。 あ~あ、面白く美味しい一日でした。 親戚に感謝です。
(上記2店に興味のある方は、なんしょっと倶楽部にお越し下さい。 たっぷりとお教えしますよ)


思いがけないメイル


今日は思いがけないヒトからのメイルでビックリ。
小生の次兄の次男から約15年振りの懐かしい連絡で、小生が宮崎に帰郷した事を聞いて、なんしょっとね?のHPにたどり着いたらしい。

小生の経歴を見て、今の本人の経歴とそっくりなのに驚き、メイルして来たとのコト。 メイルでは今は社名が変わっているが、小生も在籍していた外資系コンサル会社に居るそうで、マタマタびっくり、これはDNAがそうさせるのか、ホントに不思議な縁を感じた。

別のメイルで、早速、Facebookへの招待が送られて来ており、数年前に素敵な奥さんと結婚し、今は1才の子供がいるとの事、父の日の父子の写真が可愛く、早速書き込みをして、オメデトウと今後のお付合いを約し、ご挨拶。 初めて書いた、最後の「おじさんより」の文字を不思議な想いで眺めつつ・・・。

さて、仕事の方は九州一周の挨拶回りも終わり、中小企業支援のコンサルティング業務用の、新現役(企業OB)の名刺も自作して準備完了となったので、支援コーディネーターに連絡を入れる。 当面、急ぎの支援業務はなさそうなので、開始は7月からになりそうだ。 頂いた話は、小さな仕事でも勉強のつもりで、何でもやり、結果を積み重ねて行くつもりだ。
今週の仕事はこれで一段落したので、終了!  長期間の雨で湿気たっぷりの、バイクの充電とオイル循環と乾燥を兼ねて、近くを20~30kmコロがして来る事にしようっと。 ゴリケン


なんしょっと倶楽部


2011/06/23(木)

昨日、22日(水)は降り続いた豪雨の後、ようやくの晴れ間が見えたが、30数度の真夏日に加え蒸し暑い日だった。 午後3時頃、ヤスさん、コモレビさん、コウジ君の3名の友人が、なんしょっと倶楽部を訪問してくれた。
中でもコウジくんは、何年か振りの再会で、早速、アイスコーヒーを飲みながら話をしていると、彼は4日の事務所開きの日を間違えて、昨日も訪問してくれたそうで、当然、誰もおらず、本日再度の訪問との事だった。  現在も遊具製造の仕事を引き続きやっており、最近弟さんも一緒に加わったそうだが、やはり地方自治体や公共の仕事が激減しており、知恵と工夫をしなければ事業の継続は難しいとの話だった。 やはり厳しい時は、ヒトを使っては難しく、身内や友人でヤリクリして行く苦労がある時期だ。 
今、ホームページをリニューアル中の話をすると、時々愛読しているとの話、ありがたい事で、感謝!
HPのドメインが独自サーバーに格納してあるので、メイルアドレスはいくらでも発行できるよ、との話になり、サーバーでどの様に発行するかの説明になり、実際サーバーへ繋いで実演、やってる内に、メニューにブログの作成の項目があったので、、ブログはこうやって作るんだ・・・、と今度はブログの説明に入る。 あれこれ言っている内に、夕方17時になり時間切れ・・・
続きは、平日午後のなんしょっと倶楽部で説明と相成りました。


なんしょっと倶楽部会員だけの特典

現在、メイルアドレスを会員の皆様にプレゼント中、ご希望の方はゴリケン迄、ご連絡下さい。
メイルアドレスの形式は、
XXXXX@nanshot.net → XXXXXの部分は、英小文字、数字の組合せで、
パスワードは、英大・小文字と数字の組合せで指定して下さい。
ご連絡頂ければ、週1回程度まとめて登録します。
ご夫婦・お子様とメルアドを共用している方、仕事とプライベートでアドレスを分けたい方には、最適かと思います。
セット方法が分らない方は、なんしょっと倶楽部にて、実際のPCを使い教えますヨ。


なんしょっとね?HPリニューアル

さて、今日は新しい「なんしょっとね?」のHPが大体の形がついて来たので、メンバーの皆さんへ案内を出しました。
又、今までの同窓会HPは、パスワードを付けて、クローズドなHPとしました。
新HPでは、今迄より門戸を広げて、我々、ベビーブーマーのこれからの、趣味と実益を兼ねた、前向きのHPに生まれ変わるコトを計画しています。  詳細は、HPをご覧下さい。
HPの掲示板や、当ブログのコメント、ゲストブックにご意見をドシドシ書込んで下さい。
それでは今日はココまで。
ゴリケン


阿蘇ツアー~高千穂峡

黒川温泉~高千穂の旅


今日は遊びの話なので、少々長くなります・・・
挨拶回りが終わり、20日夕方以降は、カミさんの誕生日なので、阿蘇の黒川温泉へ湯治に行きました。

黒川温泉いこい旅館
黒川温泉いこい旅館の温泉です。

この温泉は以前から行きたかったのですが、たまたまネット旅行社のポイントが貯まり、丁度出張と重なったので、今回初めての訪問となりました。
旅館は「いこい旅館」という12種類のお風呂がある温泉で、日本の名湯秘湯百選にも選ばれており、雰囲気も料理も良さそうなので、ここを選びました。
泉質は、含食塩・硫黄・硫化水素泉(他泉質も別に1種類有)で、打たせ湯、寝湯、立ち湯、岩風呂、檜風呂、露天風呂等、一部は湯船下からブクブク噴出するお湯で、しかも適度な温度なので、小生には長湯が出来、すっかり気に入りました。 おかげで、引越以来の疲れを解消する事が出来ましたが、とても1泊では全ての風呂に入るのは無理、残りは次回に回す事にしました。
食事は、料理の量は少な目だけれど種類が多く、中でも当地の名産「馬刺し」は絶品、それに季節の鮎の塩焼(大好物)始め、色んな熊本料理の数々で、大満足でした。

詳しくは宿のHPにて→ http://www.ikoi-ryokan.com/

唯一の不満は、降り続いた豪雨の為、旅館下の滝の轟音がうるさく、眠りを妨げられた点ですが、これは天気のせいですから、小生としてはオススメの宿に決定。

翌日21日は、小雨の中、仲良くなった旅館の皆さんに見送られ出発、R442を東に向かい、三愛高原にてお土産物を購入、すぐに、やまなみハイウエーを右折し、豪雨の中を阿蘇一宮に向かう。 R57のT字路を左折し、しばらく行くと高千穂に通じる高森方面へ右折し、R265の外輪山コースのワインディング道路を行くうちに、空は晴れてきました。

やまなみハイウエーにあった、謎のモニュメント

黒川温泉~高千穂の旅
阿蘇やまなみハイウエイ

高森峠からは高千穂への快適な路を走り、黒川温泉から高千穂へは約2時間で到着、カミさんには初の高千穂なので、パワースポットの高千穂神社、高千穂峡(今日は大濁流)を観光して、お昼は近くにあった「流しそうめん」500円也を、久し振りに食べたが、連日の食べ過ぎの胃には。適度な量で、冷たくて美味しかった。

阿蘇ツアー~高千穂峡
高千穂峡真名井の滝

食後は天岩戸神社へ、現在は天岩戸の神域には、勝手に入れず今回は断念、神社に参り、天の安河原へ向かうが途中の川や橋の所にある合流地点は、轟音を立てて流れる川の渦に取り巻かれ、危険を感ずる凄まじい景色(不思議に水は澄んで青色)だった。
早々に引き上げて、帰りに看板を見ると「本日は天の安河原方面は危険なので通行禁止」などと書いてある。
しばらく歩き、日差しも強いので、茶店にて「釜いり茶ソフト」を食す、甘さ控えめで美味、これもオススメ。
という事で、あとはのんびり、延岡~宮崎へと回って夕方に帰って来ました。豪雨の中からの旅立ち、最後は晴天と、これもいい思い出になりました。 ゴリケン

手力雄神との対決は・・・(天岩戸神社)

阿蘇ツアー~高千穂
高千穂天岩戸神社

福岡・鳥栖旅行


さて、つづきです。
19日に博多に向けて10時頃車で出発、まず、えびのICに向かいます。
高速で行っても良いのですが、下道で小林を目指しても、あまり時間は変りません。
どうせ、時間が掛かるなら、下道で行く事にしました。(これが後で、凶か。吉とでるか?)
豪雨の中、時々、雲の中に入った様になり、視界を失いそうになりますが、ライトを点灯して進行します。
ようやく、2時間ほど掛けて、加久藤峠入口に到着すると、何か混んでおり警告パネルが点灯しています。
読んで見ると、この先人吉方面、土砂崩れにより通行止、回避道路はありません、などど絶望的なコトが書いてあります。
しかたなく、湧水、平出水、方面へ向かい、川内川に沿って水俣に向かいます。
良く、上記の文字を見ると、すべて洪水に関係のありそうな地名で、後で聞くと今回豪雨で、今迄の24時間降雨量記録を更新し350mm以上という信じられない降水量で、被害や不明者を出した地域だった様で、有数の洪水頻発地域だと、後で聞いてゾッとしたものです。
80km程迂回したので約2時間半を費やし、ようやく八代ICから九州道に入り、PAで飲み物を買って一休み、すると、宮崎No.の車から降りてきた男性から声をかけられました。
彼の話だと、朝早く宮崎を出発、高速は不通なので、下道で加久藤峠を上って行ったが、ものすごい豪雨で県境のトンネルを越えた所で土砂崩れに遭遇、狭い道での先行のトラック・バスのUターンの後、又、トンネル・峠を下り、小生と同じコースで、ようやく8時間掛けて、ここまでたどり着いたとの事、小生の方が結果オーライだった事が判明しました。
その後は、鳥栖辺りから1000円高速の最終日の為か、少々混み始め、ようやく17時過ぎに博多に到着。 ホテルにチェックインした後、少し休んでシャワーを浴びてから友人に会いにお出かけです。
今回は今度計画中の仕事の具体的内容についての相談や、種々ある業務毎の売上計上方法と原価計上基準の相談です。 今回はこちらが主目的なので、まずは打合せ開始です。
流石に税理士の友人の話は、具体的で説得力があり、こちらの方は直ぐにやり方を決定、後は今後の仕事の方向性と実行方法の話になり、様々なアイデアや可能性の検討打合せから、小生からのとんでもない質問についても、丁寧にその利点・欠点の指摘を貰い、討論を重ね、ようやく決定段階まで進める事が出来ました。
あとは、美味しい食事の始まりです。 まず、呼子のイカの活き造りから始まり、玄界灘の魚介類、珍しいおつまみや野菜料理で、これはもう舌も満足、胃袋も満足。  それに美味しいお酒が酩酊を加速し、楽しい博多の夜は過ぎて行きました。
翌日は、若干頭の芯にアルコールが残りましたが、快調な目覚めで、鳥栖のお客様に挨拶回りを無事済ますことが出来ました。 友人に感謝!です。
ゴリケン


嬉しい知らせ


先ほど友人のヤスさんから、嬉しいニュースが飛び込んできました。
同窓の佐藤博夫君がMRTの副社長に就任決定とのコト、これで、社長の春山君と同窓生二人の鉄壁の体制となり、この不況下に斬新な施策を執ってくれる事でしょう。
同窓生として、本当に嬉しい限りです。
昨日は、久し振りに幼馴染の友人と、奥様が我が家に遊びに来てくれて、SOHO「なんしょっとね」を見学し軽く乾杯した後、美味しい焼き鳥屋に連れて行って貰いました。 
ここの焼き鳥は絶品、最近歯の調子がいまいちなのですが、材料も良く焼き具合も抜群で、歯の調子も上々、美味しく頂きました。
さて今日は、挨拶回りに博多・鳥栖を回り、博多では税理士をしている友人に会い、売上計上の方法と原価計算の相談予定です。
但し、交通情報を見たら、えびの~人吉間が通行止、しばらく様子を見て駄目なら、下道で出発します。
さてどうなるか・・・、まぁ、良いニュースの後なので、結果オーライを期待しましょう。
つづきは、次回のお楽しみ。
ゴリケン


初めてのブログ


みなさん、おはようございます。
なんしょっとね?のホームページの骨格がようやく出来ました。
以前から、HPは頻繁に更新するのには、向かないな・・・と、不便に思い続けていましたが、Blogを別のサイトに造ると、突然サイトが閉鎖されたり、URLが変更されたりして今迄のリンクが切れ、読者はある日突然、以後ブログとの接点が切れ、折角のコミュニケーションは、永遠に途切れてしまいます。
という事で、今回、ちょっと面倒でしたが、自分のサイトにブログを設置してみました。
もちろん、用意されているBlogは、機能のシンプルな形式ですが、自分で作り込んで行くと、面白いものが出来そうなので、HPで足りない情報や、ゴリケン個人の意外な側面も見えてくると思い、blogを公開する事にしました。
それでは、なるべく頻繁に更新して行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
ゴリケン
P.Sちなみに、HPのURLは、 http://nanshot.net です。