アマゾンで中古車物色中。amazon.2~3


アマゾンで中古車物色中。amazon.2
レガシーB3、アマゾン

アマゾンで車が買えるようになったので、 車屋の私自身が、実際に買ってみよう!と(覚悟を)決めた・・・

レガシーB4、アマゾンネット販売新車じゃなく、中古車を買おうと思ったら、 みなさんは、どうしますか? 欲しいのは、程度の良い希望の車種でお得な・・・


久し振りにMTBに乗りました。


2014/06/15(日)

久しく乗ってなかったMTB(マウンテンバイク)を、引っ張り出してみると、タイヤの空気は抜けており、チェーンやギアも油が切れてしまっており、軽いメンテナンスをする事にしました。

まずは軽く車体を拭き、タイヤに空気を入れます。

今日は足踏みのポンプを使い簡単に済まします。 MTBの場合は空気圧も4気圧と設定も低く、

砂利道や不正地を走るので、それほどシビアな空気圧でなくとも大丈夫です。

これが、舗装路中心のクロスバイクですと、空気圧は7気圧、ロードバイクは更に高く、しかもキッチリ空気圧を

合わせないと、スピードが上がらなかったり、自転車の性能を活かす事が出来ないので、かなり重要です。

ではまず、空気入れから開始です。

MTBバイクのタイヤは低圧のブロックタイヤです。 
MTBバイクのタイヤは不正地を走るので、低圧のブロックタイヤです。 今日は足踏みポンプで入れます。

MTBバイクのタイヤは不正地を走るので、低圧のブロックタイヤです。 今日は足踏みポンプで入れます。

約50回ほど足で踏み、4気圧にセットします。 これを前後輪行います。

チェーンと後輪側のギアに潤滑油を注します

チェーンと後輪側のギアやシフターにも潤滑オイルを注します。 (今はエアゾールで注油も簡単)

クランク側のギアやシフター等の可動部分にも注油します

クランク側のギアやシフター等の可動部分にも注油して調子を見ます。

レバー類、ケーブル、ブレーキ等の可動部にも注油して、スムーズに動くか確認します。

クランク側のシフターの調子がイマイチなので、シフトがスムーズに行く様に調整します

クランク側のシフターの調子がイマイチなので、シフトがスムーズに行く様に調整します。

各部のメンテを終え、他に問題は無いかチェック、点検完了です

各部のメンテを終え、他に問題は無いかチェック、点検完了です。 近場をひと回り、試運転してきます。

大淀川の土手に行き、草むらや凸凹道を走ってみます

大淀川の土手に行き、草むらや凸凹道を走ってみます。

ドラッグストアで買い物をして、途中の緑道公園で一休み、蒸し暑くて汗びっしょりです。

ドラッグストアで買い物をして、途中の緑道公園で一休み、蒸し暑くて汗びっしょりです。

雨もポツポツ降って来たので、今日はMTBの整備と試走だけで、家に帰ることにしました。

このMTB、1990年代初期の今はもうオーダーでしか作っていない、丹下クロモリフレームで作られた、

Yosemite Competition という名前ですが、今はもう無くなってしまった日本メーカーの珍しいMTBです。

少々旧いですが、強靭で軽くしなやかな乗り味で、適度に河原で遊ぶには、楽しくて良いMTBです。

今年は余り身体を動かさなかったので、今度晴れたら、ヨセミテ君と土手や河原を走ってみる事にします。

以上、愛用の旧いMTBのメンテナンス、おわり。


そうだ、Amazonで中古車を買おう。amazon.1


しばらくは連絡がなかったのですが、既に友達のM氏は、秘かに計画を練っていたのです。

それは、Amazonのネット販売の徹底研究。 その調査の為に、Amazonで車を買うと言うのです。

その真摯な調査の様子は、以下のリンク、(下の方の)amazon.1から、順番にご覧下さい。

先日気になる記事をみつけました。 「Amazonが中古車販売に参入 乗り出し価格55万/44万/・・・

 

「そうだ、アマゾンで中古車を買おう。amazon.1」の続きを読む


Amazon、中古車のネット販売に参入!


 

Amazon、中古車のネット販売に参入!
Amazon、中古車のネット販売に参入!

2014/06/03(火)

Amazonが、いよいよ中古車のネット販売に参入しました!手始めに、国内メーカーの約200台を、55万円、44万円、33万円の固定価格で販売開始します。

 

今迄、車はネットでは売れないと思われており、ネット販売で苦労した私にとっては、Amazonの参入で、車がネットで売れる様になって欲しいと思っています。

そうすれば、もっと趣味性の高い車については、我々にもチャンスが出来そうで、これから、何だか面白くなりそう。

しばらくは、Amazonの中古車の販売動向を注視して行きたいと思います。

このニュースについては、以下のリンクからご覧下さい。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/03/news086.html