タグ別アーカイブ: page2.php?post=137

32GBのマイクロSDカード

Windows XP 本日サポート終了


WinXPサポート終了
WinXPサポート終了

約10年間お世話になった、Windows XP.
お疲れ様でした!

2014年4月9日、いよいよ本日が期限です。
いつもギリギリにならないと、スタートしない悪い癖。
ようやく、昨日から、PCのLinux化をスタート、いつもの通り、
ドツボにハマリ、悪戦苦闘でした。

対象のPCは、2004年当時の最軽量990gPanasonicのB5サイズのミニノートです。
正式な製品名は、 Panasonic Let’s Note CF-R3 DW1AXR という、法人向のPCです。

Panasonicのミニノート
PanasonicのB5サイズのミニノート

スペックは、

Let’s Note CF-R3
OS:    Windows XP Professional
CPU:   インテル(R)Pentium(R) M プロセッサ 1.1GHz
Memory: 768 Mバイト
HDD:   40 Gバイト
Display: 1024×768ドット 10.4型TFTカラー液晶
無線LAN:IEEE802.11b/g準拠 (WPA対応、Wi-Fi準拠)
PCカードスロット
SDメモリーカードスロット
USB2.0×2
アナログRGBミニDsub 15ピン
バッテリー駆動時間 : 約9時間

購入したソフトは、
Office Professional (Word, Excel, PowerPoint, Access)
Adobe Photoshop
Homepage Builder

当時としては、ひと通りのビジネスツールを備えた、ポータブルPCとして、主にお客様のITサポート、出張時の仕事用に、いつも身から離した事の無いほど、愛着のあるマシンです。
10年を越える使用期間中に、特にトラブルも故障もなく、こんなに頑丈で安定したPCは、今迄お目にかかった事はありませんでした。 ただ、一度だけ出張の際、バッグに入れていたPCが、荷物に押され、液晶にヒビが入った事がありました。
サポート窓口に連絡し、修理の為に送付すると、何と液晶パネル交換の修理見積りが、約8万5000円強!
PC購入価格の半分近くかかったのには、ビックリ仰天でしたが、仕事がストップする為、泣く泣く修理したものです。

このPC、流石に最近はスピードも遅く、使用しているソフトのバージョンも旧くなり、使いづらくなっていましたが、WindowsXPでも、なんら使用上の不都合は感じた事がありませんでした。
時代の流れもあり、自宅用のデスクトップや、講習に使っているノートPCは、Windows7にしましたが、持ち運び中心の小型軽量のミニPCは、買い換える事もなく、10年以上使い続ける結果になり、そして今回のサポート終了を迎えた訳です。

今回、ハードの性能や、旧いバージョンのソフトという事を考えると、外出先で使用する目的だけに絞り、最低限、Web閲覧、メイル送受信、Officeファイルの作成・更新、それに、プレゼンテーションでのプロジェクター使用できれば良い、と割り切りました。

最初に検討したWindows系のソフト、Win7・Win8では、ハード性能が全く不足しておりアップグレード不可。

次はLinuxを検討、これも、ハードスペックに合う種類が少なく、しかも、かなりLinuxやUnix系の知識が無いと、インストール時の設定作業や、後からドライバー類のインストール等、煩雑な作業が必要な様です。

結局選んだのは、Xubuntuという軽いLinuxを、WinXPとは別ドライブに共存させ、デュアルOS化する事にしました。
これなら、ネット利用はLinuxで行い、その後、ネットから切り離して、Officeを使用しての、パワーポイントのプレゼンテーションも可能です。 おまけにWubiというインストーラーで、自動登録も出来ます。
但し、DOSプロンプトという、初期のMS-DOS時代のCUIを使い、このブラック画面から、インストールの指示や引数をセットして使う必要があるので、なかなか普通のユーザーには、手が出せません。

CUI(Character User Interface)とは、現在使われている、アイコン形式のGUIと違って、すべて文字を使用して、命令や引数を入力して、PCを操作するツールですが、初期のコンピュータはすべてCUIでしたから、シニアの私なら何とかなりそうです。
考えていても仕方ないので、早速、Linuxのインストールをやってみました。

32GBのマイクロSDカード
32GBのマイクロSDカードを、超小型USBアダプターに格納します

先ずは、Linuxをインストールする為、ディスク容量の追加が必要です。

32GBのマイクロSDカードを、超小型USBアダプターに格納します。 PCに差し込むと、出っ張りは5mm! しかも実に安いっ!

32GBのディスク装置が、1ユニット追加完了
32GBのディスク装置が、1ユニット追加完了

指先に乗っかるくらい、小っちゃなUSB、 出っ張るのは約5mm! しかも安い!
これで、SSD代わりの32GBのディスク装置が、1ユニット追加完了です。

ダウンロードサイトで、Wubiを探して、ダウンロードします。
ダウンロードサイトで、Wubiを探して、ダウンロードします。

ダウンロードサイトで、Wubiを探して、ダウンロードします。

この超小型USBメモリーに、Linuxの軽いOS「Xubuntu」をインストールします。

インストール指定
DOSプロンプトのブラックスクリーンに、CUIでインストールの指定をします。

DOSプロンプトのブラックスクリーンを開き、文字を入力しインストールの指定をします。
ここで、”–32bit”の引数を与え、x86の32bitプロセッサー用に、インストール開始です。

ダウンロードとインストール、約5時間
ダウンロードとインストール、約5時間かかります。

ダウンロードとインストールに約5時間! 途中で色んな案内が出てきますが、ただひたすら待ちます。

”おめでとうございます”のメッセージ。
”おめでとうございます”のメッセージ。

インストールされたら、”おめでとうございます”のメッセージ。

これからが、Linuxの環境構築、色んなメッセージが出てきますが、これが又々長い! しばし、仮眠します。

色んな、Linuxの紹介画面が出ますが、ほっといて仮眠します。
色んな、Linuxの紹介画面が出ますが、ほっといて仮眠します。

朝起きるとブラック画面にメッセージ、「パニックエラー!」とか、恐ろしげなメッセージが多数。
どうも昨夜、PCが動いてるかどうか、触ったのが原因か、設定作業がストップしている様です。

最初から、やり直すのを覚悟してPCを再起動すると、流石はLinux、インストールが途中から再開しました。

めでたく、インストール完了
めでたく、インストール完了しました。

途中からやり直して、待つこと更に数時間、目出度くLinuxの設定完了です。

2つのOSのデュアルBootが可能になりました。
2つのOSのデュアルBootが可能になりました。

USBメモリーにインストールしたXubuntuは、WindowXPと共存します。 電源を入れるとこの画面、2つのOSのデュアルBootが可能になりました。 勿論、WinXPを使う時は、ネットから切り離して使わねばなりません。

Xubuntu 順調に立ち上がりました。
Xubuntu 順調に立ち上がりました。

Xubuntu、目出度く立ち上がりました。

Linuxのデスクトップです。 シンプルかち機能的です。
Linuxのデスクトップです。 シンプルかち機能的です。

Linuxのデスクトップです。  とてもシンプルですが、機能的なデザインです。
ブラウザーは「Fire Fox」、メイルは「Thunderbird」、なんだか、カッコイイです!
しばらくは、ネット閲覧とメイル、それにノート作成で、使い方に慣れる事にします。

それでは、Linux Xubuntu インストール顛末記、終わります。
お役に立ちましたでしょうか? お問合せ等ありましたら、ご連絡下さい。

ゴリケン