タグ別アーカイブ: page2.php?post=142

桜島フェリー

久し振りの鹿児島、帰りは桜島経由で。


2014/5/12(月)~13(火)

おそらく30数年振りに、鹿児島市内へ用事があり、出かけました。当日は雨交じりの生憎の天候で、都城までは高速道路、その後は下道で順調に鹿児島市内に入ります。

まずは昼飯、記憶に残る道をたどり、いずろ通りの山形屋迄たどり着きましたが、その後、天文館への道が、

全く思い出せません。

しばらく走り回ると、見覚えのある、照国神社が見えてきました。 ここから、城山に上る道路の近くに、

幼馴染のユウチンの下宿があった筈です。 当時、ユウチンの下宿から、天文館への道の記憶を辿り、

照国神社前を左方向に行くと、狭い歩行者専用道路があり、奥にはアーケードがあります。

多分、ココへ入れば天文館に通じるのではと、車を駐めて小雨に濡れながら、路地に入って行きました。

あの、カキ氷の「白くま」で有名な、無邪気の別館を見つけ、その先の右奥の路地には、料亭「さつま路」

の看板が見えます。  この料亭には、昔、家族で薩摩料理を、食べに来た記憶があります。

道路脇の案内板を見ると、間違いなく天文館です。

 

鹿児島市一の繁華街、昔ここにあった天文館跡の碑です。鹿児島市の繁華街、昔ここにあった天文館跡の碑です。昔ながらのらーめん屋「こむらさき」を見つけました。

昔ながらの らーめん屋「こむらさき」を見つけました。

こむらさきの黒豚ラーメン、こんなにキャべツが山盛りのラーメンだったっけ?

こむらさきの黒豚ラーメン、こんなにキャべツが山盛りのラーメンだったっけ?

ひと口食べると、麺は白いストレート麺で、あっさり味、昔食べた味なのか記憶が判然としません。

この黒豚らーめんが950円、普通のラーメンが850円、記憶の味と値段のギャップで、いささか期待外れ。

鹿児島在住の方、昔の味を覚えている方、こむらさきの本来の味、どんな感じだったのか教えて頂けませんか?

慌ただしい食事を終え、外に出ると、宇宙情報館なるビルがあります。

慌ただしい食事を終え、外に出ると、宇宙情報館なるビルがあります。

ちょっと覗いて見たいのですが、本来の用事を済ます為、目的地に急ぎます。

2時間程で用事を済ませ、外に出ると雨は本降り、車に乗り込むと、もう土砂降りです。

錦江ホテル入口仕方ないので、一路、今夜宿泊するホテルに向かいます。予約したのは、錦江高原ホテルというホテルですが、てっきり、錦江湾沿いにあると思って予約ましたが、

実際には、谷山の先の山の上にある、ゴルフ場併設の

ホテルで、カーナビで指示通り行くと、指宿自動車道に

入ってしまい、慌てて下道に降りて、目的地を探しながら

山道を走りました。 折りしも集中豪雨並みの土砂降りで

迷いながら、走り回ること30分、ようやくホテルに到着しました。

私の経験でも、急坂にも関わらず、急流の様な水溜りの中を、しぶきを上げて走ったのは初めてでした。

ようやく、ホテルにてチェックイン、部屋に落着くと、20畳以上もある、広々とした和洋室で、ビックリ。

先ずは、温泉で温まり、少し休んでから、夕食の会場へ。黒じょかで焼酎のお湯割りを頼み、前菜でチビチビ始めます。黒じょかで焼酎のお湯割りを頼み、前菜でチビチビ始めます。

運ばれてきた料理は、薩摩黒豚のしゃぶしゃぶを始め、こんなに沢山。

運ばれてきた料理は、薩摩黒豚のしゃぶしゃぶを始め、こんなに沢山。

一時間ほどかけて、ようやく平らげて、もう一度風呂に入ると、もう眠くなり就寝。

翌朝は5時ごろに眼が覚め、外を見てみると、こんな素晴らしい景色!

翌朝は5時ごろに眼が覚め、外を見てみると、こんな素晴らしい景色!朝食を食べてチェックアウト、桜島経由で帰る事にしました。桜島フェリーに乗りました。

桜島フェリー港では、車ごと乗船し、15分程で桜島に到着、船を降り料金ゲイトで簡単精算出来ます。

垂水市を福山町の方に向かって、錦江湾沿いの快適なドライブで約30分程、赤い暖簾の店で一休み。

垂水市を通り、黒酢で有名な福山町の手前の、赤い暖簾の酒蔵で休憩。

ここは、幻の焼酎で有名な、「森伊蔵」の蔵です。

森伊蔵の酒造場は、錦江湾沿いの花に囲まれた場所にあります。

森伊蔵の酒造場は、錦江湾沿いの花に囲まれた場所にあります。

この蔵は生産量が少なく、造った焼酎はすべて予約で無くなってしまうそうで、

一般向けには、わずかな量を、ひと月に一回、抽選で販売しています。

早速、来月分から申し込んで、抽選を楽しみにする事にします。

酒蔵の前で、写真を撮っていると、酒蔵の女将さんから、名物のビワとお茶の差し入れ頂きました。

写真を撮っていると、酒蔵の女将さんから、名物のビワとお茶の差し入れを頂きました、何と美味かった事!

隣の町の福山町で、名産の黒酢を購入しました。

隣の町の福山町で、名産の黒酢を購入しました。 一年に1回は、黒酢の一升瓶を買いに来ます。

後はひたすら、宮崎を目指しますが、途中の串間にある、都井岬に野生馬を見に行く事にしました。

約80kmを快調に進み、岬入口の管理事務所で、岬の維持管理費(入場料?)を払い、灯台方面に向かいます。
途中の見晴らしの良い場所にある、ホテルや観光ホテル、それに国民宿舎も閉館しています。
こんな素晴らしい太平洋に取り囲まれた岬で、海の幸、山の幸に恵まれ、間近で野生馬を見られる、
太陽の降り注ぐ常夏の地で、わずか数軒の民宿しか残ってないのは、とても残念なことです。

出来ることなら、宮崎の若い仲間達と一緒に、日南海岸から都井の岬までを、再度賑やかにしたいものです。都井岬では野生馬は見当たらず、最後に細道を登って行くと、3頭の馬の親子が!灯台下の草原では野生馬は見当たらず、最後に台地に向かう細道を登って行くと、3頭の馬の親子が!

お馬の親子は仲良しこよし。

拡大版です。 お馬の親子は仲良しこよし!

都井岬の高台から、太平洋に面し、串間から志布志への雄大な海岸線が一望できます。

都井岬の高台から、太平洋に面し、串間から志布志への雄大な海岸線が一望できます。

見るのを諦めかけた、野生馬の親子、初めて見る事が出来ました。

是非一度、都井岬まで、お出かけ下さい。