川南町の軽トラ市


昨日の朝、親戚の夫婦が「軽トラ市」に行こう!と誘いに来ました。  台風の余波で強風と時々豪雨に見舞われながら、一路海岸線を北上します。 シーガイヤの近くに来たら、左は暴風圏、右は雨もない曇り空、という不思議な空。

川南軽トラ市
川南軽トラ市

約40分ほどで、県央にある川南町、ここは漁業・農業の町ですが、若者の人口流出で商店街はさびれていましたが、毎月第4日曜日に「軽トラ市」を始め、出展者は軽トラ限定とし、地産物はじめ種々雑多なモノを販売する市場として大当たり、今では市場への参加軽トラは150台にもなる、大市場となり、県外からも見学者が相次いでいるそうです。
今日は、時折台風の余波の強風とスコールの中、福岡の筑紫野市からの観光バス始め、いつもの半分くらいのお客さんが買い物や見学に来ていました。

川南軽トラ市
川南軽トラ市

出品者は老夫婦あり、ちっちゃなセールスマンとお父さん、色んな人で、会話が楽しく見飽きません。

川南軽トラ市
川南軽トラ市

今回の掘り出しモノ、イチョウのまな板の店で、気に入ったヤツがありましたので、値切り交渉開始です、なんと2/3の価格にして貰い、テーブルまな板のおまけ付きです。 うちのカミさんの交渉術は小生を上回るかも・・・・。

川南軽トラ市
イチョウのまな板の店

 

川南軽トラ市
鮎の塩焼き

しばらく歩いて行くと、鮎の塩焼が300円で売っており、小バラがすいて来ました。 すると、真っ黒な大き目のヒヨコが売っています。 聞くと、地鶏のヒヨコで、オスとメスが混じっており、運よくメスに当たると、卵を産むおまけ付きだそうです。 店主の言うには、「年末まで飼うと、丁度正月には美味しく食べられるヨ」との事ですが、長く飼ったら、愛情が沸いて、とっても食べられないな。

川南軽トラ市 露店
地鶏のヒヨコ販売中

ちなみに、この「軽トラ市」は、日経ビジネスでも取り上げられており、町おこしの成功例として注目されているそうです。
皆さんも是非お出かけ下さい。 地元にもこんな楽しいイベントがありますよ!
日経ビジネスの見出しが凄い→ 「カネは世間に落ちている。拾い方を考えろ!」です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090610/197183/?rt=nocnt
小生のモットーも同じ発想なので、全く共感が持てます。
これから、宮崎や九州の各地に足を伸ばし、色んなモノやコトに触れ、それに携わるヒト達との交流を通じ、趣味と実益を兼ねた情報について、発信して参りますので、ご期待下さい。

この後は、日向市のドンキホーテも真っ青の、安いモノがゴチャゴチャのお店を回った後、美々津の鮎料理屋で今年初の鮎の背ごし(刺身)と塩焼をたっぷり賞味して、帰路に着きました。 あ~あ、面白く美味しい一日でした。 親戚に感謝です。
(上記2店に興味のある方は、なんしょっと倶楽部にお越し下さい。 たっぷりとお教えしますよ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>